メニュー
Underground HIPHOP(26)
Jazzy HIPHOP(18)
ギャルウケヒップホップ(18)
元ネタ(8)
アーティスト紹介(2)
★★★Remix依頼★★★(0)

2005年10月30日

Marco Polo / How I Get Down feat. Skoob of Das Efx



Marco Poloという、HIPHOP界とはほど遠い名前のビートメーカー。

Underground HipHopというよりもどちらかというとキレイめHIPHOPといったような印象。

でもJAZZY HIPHOPみたいに音が軽い感じでもない。

あえて例えるならLooptroopEmbeeの音作りに似た印象を受けた。

ピアノループを多用しているにも関わらず乾いた打ち込みで時折跳ねるようなバウンス感もある。

Embeeに比べると大人しいがそれが逆に聞きやすさを保っていて深みを増している。

ここで紹介するのはそれを示す様な曲。

ゲストにDas EfxSkoobを招いたノリノリチューン!

車の中で爆音で!!


Marco Polo「Canned Goods」のCD>>>
Marco Polo / How I Get Down feat. Skoob of Das Efxをココで試聴>>>
posted by Someone at 22:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nobody Beats the Beats / Cloud 9 feat Little Brother and Linn



2003年にデンマークで結成された、複数アーティストからなるジャズ・ヒップホップ・プロジェクト、ノーバディ・ビーツ・ザ・ビーツのアルバム。

Little Brotherの他、GangstarrGuru多数のゲストを迎えたこのアルバム。

デンマークならではのUSとは一味違ったJAZZへの解釈。

USに比べておしゃれ度があがった様な作風になっています。

インストも多いのですがそれぞれアーティストの個性が出ていてアルバムを通して、充実感のある仕上がり♪

今を時めくLittle Brotherをゲストに迎えたこの曲はR&BシンガーLinn(Freddie Cruger等と関わりが深い)をフィーチャーし、本来のLittle Brotherにも増しておしゃれ度UP!

朝のコーヒーのお供にいかがでしょう??


Nobody Beats the Beats「Drops From Above」のCD>>>
Nobody Beats the Beats / Cloud 9 feat Little Brother and Linnをココで試聴>>>
posted by Someone at 01:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazzy HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

Asheru and Blue Black of The Unspoken Heard / Think About Featuring J-Sands of Lone Catalysts



レーベル「7Heads」の主力MC、Asheru and Blue Black of The Unspoken Heard

ソウルフルかつメロウな曲作り、生音を多用したビートは彼らが第一人者といっても過言はありません。

このデビュー・アルバム「Soon Come...」はインディペンデント・ヒップホップでは異例の1万枚を超える特大ヒットを記録。

ここち良さの中に詩的な良さもあり、特にこのThink AboutLone CatalystsJ-Sandsをフィーチャーし、切なくもJAZZYな曲に仕上がっている。

ピアノにループ、時折入り込むサックスの音色も◎♪



Asheru and Blue Black of The Unspoken Heard「Soon Come 」のCD>>>

Asheru and Blue Black of The Unspoken Heard / Think About Featuring J-Sands of Lone Catalystsをココで試聴>>>
posted by Someone at 00:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャルウケヒップホップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

Splash / Do You



久々のアゲアゲチューンです!

9TH WONDERが見出したノース・カロライナの新人SPLASHのデビュー・アルバム"THE RIPPLE EFFECT"

やはり、9TH WONDERの目利きだけあってかなりLittle Brotherに近いものがある。

甘い声にファンキーかつどこかで聞いたことがあるような聞きやすいビート!

ネイティブタン、ミドルスクールを現代に持ってきた様な曲作りは、今やHIPHOPの主流になっている様な気がする。


Splash 「The Ripple Effect 」のCD>>>
Splash / Do Youをココで試聴>>>
posted by Someone at 23:14| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャルウケヒップホップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

The Shinin' / Who Knows



LA発 の才人 Take による初期作品!

Take One の名で活躍していた頃の 00 年に、当時の相棒 None との2人で作り上げた傑作。

EP Bedroom ProduksionzDr.Oop等の有力アングダーグランド系のアーティストが参加したプロジェクト。

その中でもWho Knowsは疾走感のあるビートにピアノループというJAZZYチューン!

Jazzy Hip Hopというジャンルは、ビートの心地よさというものはあるものの、ホントの「カッコイイ」という曲は少ない。

Who Knowsはスクラッチを織り交ぜた「カッコイイ」曲♪

The Shinin'「Director's Cut EP」のEP>>>
The Shinin' / Who Knowsをココで試聴>>>
posted by Someone at 02:46| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

Jigmastas / Elevate Featuring Angela Johnson(DJ Spinna別ユニット!!)




今やヒップホップ/R&Bの楽曲クレジットで頻繁にその名を見かける引っ張りダコのプロデューサー、ブルックリン出身のDJ SpinnaMC Kriminulが90年に結成したユニット。

ここでもDJ Spinnaの太いビートと浮遊感溢れるネタ使いは健在。

MC Kriminulの鼻声掛かった声もその浮遊感に負けないくらいの個性を出している。

極めつけはフック部分のAngela Johnsonのコーラス部分♪

メロウでいてその中に大人の渋さも兼ね備えている。

酒を飲みながら聞いてもサマになってしまうこの曲はそういったそれぞれの個性の化学変化の賜物だろう。


JigmastasのCD>>>
Jigmastas / Elevate Featuring Angela Johnsonをココで試聴>>>
posted by Someone at 02:19| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ギャルウケヒップホップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Giant Panda / With It(People Under The Stairs好き必聴)



NEWMAN、MAANUMENTAL、そして日本人ラッパー/プロデューサーのCHIKARAMANGAの三人で構成されるLA UNDERGROUND HIP HOPグループ。

懐古主義であり、それを新しいものとして具現化するというPeople Under The Stairs直系の音作り。

もちろんPeople Under The StairsDJ、Thes Oneも参加しています♪

他に、SIR KADO、BEN GEBHARDT等が参加!!





Giant Panda 「Fly School Reunion」のCD>>>
Giant Panda / With Itをココで試聴>>>
posted by Someone at 00:46| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Jeru the Damaja / Me Or The Papes(DJ Premier好き必聴)



Gang StarrのDJ、DJ Premierと組んで作られたJeru the Damajaのセカンドアルバム「Me Or The Papes」

多くのアーティストのプロデュースを手掛けたDJ Premier「ヒップホップ史上最高のラッパー」Jeru the Damajaの事を評した。

特にピアノループがきれいなMe Or The Papesはその二人の個性がはっきり出ている曲♪

他のプロデューサーでは作りきれない、DJ Premier流のメロウトラック。

どす黒さが残るがそれが妙に心地いいJeru the Damajaのフロウ。

一見まったく噛み合いそうに無い二つの個性がアンバランスに噛み合っているという感じ。

意図的に出来上がったのかは分かりませんが、そこら辺に中毒性を持った一曲♪



Jeru the Damaja 「Wrath of the Math」のCD>>>
Jeru the Damaja / Me Or The Papesをここで試聴>>>
posted by Someone at 00:41| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ECD、加藤ミリヤ「ロンリーガール」の元ネタ♪Marvin Gaye / Sexual Healing



あの、ECDのメロウチューン、そして加藤ミリヤのアンサーソングである同名「ロンリーガール」の元ネタ(ちなみにコーラス部分は佐東由梨「ロンリーガール」)

Marvin Gayeの最後のアルバム「Midnight Love 」からSexual Healing

彼は70〜80年代の大スターであり、今も様々なリスナーから愛され、様々なアーティストがサンプリングとして使っています。

音楽というのはこうやって繋がっていくのだろう・・・

Marvin Gaye / 「Midnight Love 」のCD&全曲試聴>>>
Marvin Gaye / Sexual Healingをここで試聴>>>
posted by Someone at 00:19| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

HOCUS POCUS / Malade



フランス発のJazzy Hip Hop 生バンド。

生楽器とターンテーブルで作り出される音はキャッチーでいて尚且つシックに大人っぽい雰囲気も漂う一曲♪

フランスRapということで発音が聞きにくいのかと敬遠していたのですが、聞いてみて愕然としました!

発音はUSとは違うものの、作り出される音はUSとはまったく違ったJazzy HipHopへの彼らなりの返答をしています。

つい口ずさみたくなるメロディーラインにMCのライムがベストマッチしてます♪

HOCUS POCUS「ACOUSTIC HIP HOP BAND」のCD>>>
HOCUS POCUS / Maladeをここで試聴>>>
posted by Someone at 00:49| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

El Fudge / Realise Features.J Live



この曲はEl FudgeのアルバムChronic Irresponsibilityから!!

フィーチャリングに天才MC、J Live。そしてサビのサンプリングにはなんとR&Bの大御所、Mary J BligeReal Loveが!!

El Fudgeを知らない人でもこれだけ聞けば、はずれ曲でないことが分かるでしょう!!

そしてぶっといSAXの音にスクラッチです!!

アングラ,Jazzy,ミドルスクール等全ジャンルに精通するHIPHOP♪

El Fudge「Chronic Irresponsibility」のCD全曲試聴>>>
El Fudge / Realise Features.J Liveをここで試聴>>>
posted by Someone at 23:36| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

Buckshot Lefonque(Branford Marsalis) / Samba Hop



元々はJazzのサックスアーティストBranford MarsalisのHip HopプロジェクトBuckshot Lefonqueのアルバム「Music Evolution」から。

バックで流れるピアノの音そしてサックスの音色が最高に心地良い一曲。

今流行っているJazzy HipHopとは違っい、HipHopから見たJazzでは無く、JazzからのHipHopという観点で解釈し、出来上がっている。

音的にはミドルスクール、オールドスクールよりなのですが、そこら辺が好きな方には堪らないんじゃないでしょうか?

ひとつレベルアップしたJazzy HipHopを探している方にお勧め!!

Buckshot LefonqueのCD
Buckshot Lefonque(Branford Marsalis) / Samba Hopをココで試聴>>>
posted by Someone at 12:02| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazzy HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

All City / Get Paid



ONYX周辺から飛び出した2MCのデビュー盤。(98年)

このアルバム、多数のプロデューサーがトラック提供しています!

Pete Rockによる「Priceless」

DJ Premier「The Actual」
などありますがそこら辺はCDを聞いてのお楽しみって事で、MC二人の歌声がかなり気持ちを上げさせてくれる「Get Paid」を試聴で♪

ONYX周辺ということでイカレタ感じの音を想像しがちですが、意外にもポップさを全面に打ち出して、聞きやすい作品に仕上がっています。

風呂入っている時なんかにいつの間にか口ずさんでいる曲ってありますよね??

そんなアルバムです♪

All City「Metropolis Gold」のCD全曲試聴>>>
All City / Get Paidをここで試聴>>>
posted by Someone at 04:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Underground HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。